生涯を通じて健康な歯を育てたい【小児・予防・矯正】

小児歯科でお子さんの健康な発育を支援します

小児歯科でお子さんの歯を守りましょう

子供の歯乳歯と生えたばかりの永久歯は成人の歯に比べて歯質が未熟なので虫歯になりやすい歯です。でも乳歯は生え替わるから――とケアを怠ると、これから生えてくる永久歯にも悪影響を与えてしまうことがあります。お子さんの歯の健康を守るためには予防が大切です。早い時期から管理することでお子さんの健康な永久歯列の発育と歯並び・噛み合わせを支援していきます。3歳から予防を受け付けています。

小林歯科医院の行っている小児歯科の予防メニュー

フッ素塗布
フッ素塗布 歯質を強くし、再石灰化を促す効果があるフッ素を歯の表面に塗る処置です。虫歯予防効果をあげることは、毎日フッ素剤を使うこと、来院時にフッ素塗布を含めた定期的なケアをおすすめします。また毎日のブラッシングも大切ですので欠かさず行ってください。
シーラント
シーラント 生えたての奥歯の溝は深いため磨きにくく、また柔らかいので虫歯になりやすい場所です。そこを萌出直後に溝をフッ素配合樹脂でコートする処置をシーラントといいます。シーラントは取れたりかけたりしてしまうことがあるので必ず定期検診と合わせてチェックしてもらいましょう。

お子さんが通いやすい環境への取り組み

お子さんが通いやすい環境への取り組み

調布市の小林歯科医院では、お子さんが通院しやすいような環境づくりを心がけています。お子さんがいったん歯医者に苦手意識をもってしまう大変です。通院の足が遠のき、予防はおろか治療も思うようにできなくなってしまいます。当院ではそうならないようにさまざまな心配りをしています。

お子さんの生活習慣や環境に合った予防方法を考えます

お子さんの生活習慣や環境に合った予防方法を考えます

まず、お子さんと親御さんとの三者面談のような形式で、普段の生活やライフスタイルなどについてうかがいます。生活習慣の中には、虫歯になりやすいお口の環境に導いてしまうものもありますので、そのチェックとともに、お子さんの性格なども把握します。そのうえで、お子さんの生活環境や習慣、性格に合った予防処置の方法をお伝えしたり、生活習慣の改善をアドバイスしたりするのです。日ごろの習慣にプラスして予防に取り組めるような方法をご提案するようにしています。

先生からのメッセージ
お子さんの治療に関しては、「嫌がることをしない」「家庭環境に合わせる」「話をよく聞いて、よく褒める」などを心がけています。お子さんを「子供」として扱うのではなく、一人の大切な患者さんとして接しています。そして治療に前向きに取り組んでもらえるような環境づくりをしていますので、小児歯科のことはお気軽にご相談ください。