自然でよく噛める入れ歯がいれたい【入れ歯】

入れ歯が合わないとお悩みの方へ

入れ歯が合わないとお悩みの方へ

歯を失ってしまったときの治療法には、「入れ歯治療」、「ブリッジ治療」と「インプラント治療」があります。その中で一番歴史が古くポピュラーなのが入れ歯ではないでしょうか? ただ入れ歯のイメージは、「うまく咬めない」「見た目がよくない」「手入れが大変そう」「よく外れる」などあまりよくないかもしれません。

でもぴったり合っていればそのようなお悩みが解消できるはずです。

小林歯科医院での入れ歯治療

金属床義歯
金属床義歯 金属床義歯
床部分が金属でできた自費診療の入れ歯です。保険診療のレジン(歯科用プラスチック)でできた入れ歯よりも床部分を薄くつくれるので違和感が少なく、食べものの温度が伝わりやすいので、お食事を楽しむことができます。会話をするときの違和感も軽減され、強度もあります。
コーヌスクローネデンチャー
コーヌスクローネデンチャー 残っている歯に引っかけるバネ(クラスプ)のない自費診療の入れ歯で、残存歯に被せるように装着します。咬む力が分散しやすく、残存歯への負担が軽減されます。床部分を比較的小さくつくることもでき、フィット性も高めです。
磁性アタッチメントデンチャー
磁性アタッチメントデンチャー 残存歯の歯根に金属のキャップを被せ、入れ歯には磁石を付けることによりその磁力で定着させる自費診療の入れ歯です。バネがないので残存歯への横方向の負担がかからず、より自然な見た目に仕上げることができます。
オーバーデンチャー
オーバーデンチャー 顎の骨にインプラントを2~4本埋め込み、それを入れ歯と連結させる自費診療の入れ歯です。インプラントを埋め込む手術が必要となりますが、入れ歯が安定し、異物感が少なく咬み心地が比較的よいのが特徴です。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 金属のバネ(クラスプ)を使わずに固定する入れ歯です。クラスプがないため目立ちにくく、快適に使えます。見た目が気になる方におすすめです。
部分入れ歯
部分入れ歯 違和感なく残っている歯を守る設計をいたします。
先生からのメッセージ
入れ歯は、咬み合わせがすべてです。もちろん見た目がよく、お手入れが簡単なもののほうがいいですが、一番大切なのは安定して使い続けることができる入れ歯です。入れ歯のお悩みがありましたら、まずはご相談ください。患者さんのお口に合うような入れ歯づくりのためにさまざまな調整を行います。